So-net無料ブログ作成

靖国神社参拝について 祟りを畏れるということ [宗教]

 総理大臣や閣僚の靖国神社参拝にあなたは賛成だろうか、反対だろうか。
 それにしても、どうして御霊信仰という伝統的な立場が、靖国神社参拝に関して語られることがあまりないのか不思議でならない。祀らなければ祟る、悪いことが起こる、つまり戦争が再度起こる可能性を、御霊が起こす可能性があるという、日本の伝統的な信仰についてである。
 靖国の政治的背景、歴史的背景については多く語られるが、最終的には日本の宗教土壌に根ざしたことであり、そのことがたまには語られた方が良いのでないだろうか。
 もちろん、政教分離という大切な約束事があり、政治家がこのことを語るのは難しいことは理解できるが、「ちゃんと戦没者の霊をお祀りしなければ、霊が祟り、さらに悪いことが起こることがある。A級戦犯を祭祀する理由は、彼らの霊が祟らないようにするためである」と説明することは出来ないのだろうか。
 政治家が説明できないのであれば、神職はそのことを説明した方がよい。後述するように、それは御霊信仰という伝統的な日本人の宗教観によるものだからだ。

今年、八月十五日、靖国神社に参拝した閣僚は武市大臣だけであった。小泉氏が総理大臣であった時には、小泉総理の靖国参拝を巡って随分と議論が起こり、中国・韓国までを巻き込んで外交問題にまで発展したが、今年の夏は随分と静かな夏となった。

靖国神社で問題視されているのは、A級戦犯合祀ということになっている。ここ数年は、靖国神社の歴史的な背景や正当性、A級戦犯合祀についての賛否も様々なマスコミが取り上げてきた。しかし、どこかその議論が遠いものに感じられることも多かった。

天神社、天満宮は菅原道真の霊がもたらす災いや祟りを怖れ、その魂と鎮めるために造られたことはよく知られている。
菅原道真は平安時代の貴族。中流貴族に家に生まれ、文章の才能、政治家の才能があったことから宇多天皇の信任を受け出世。ところが藤原氏などの貴族の反発を招き、自分の娘婿を皇位に付けようと図ったと誣告され(醍醐天皇の皇位を奪おうと謀ったとされた)、九州太宰府に流罪となり、その地で憤死した。
 道真の死後、時の醍醐天皇の皇子は次々と病死。都には異変が続き、さらに朝議中の清涼殿に雷が落ち、多数の死傷者が出た。
 その一連の異変を都人は、道真の祟りであると考えるようになる。考える、というより、道真の霊威そのものをそこに感じたに違いない。
 朝廷は道真を復位させ、さらには太政大臣の位までを追贈する。それでも恐れを感じる貴族達は、道真を祀る社殿、現在の北野神宮を建てる。
 御霊信仰、すなわち非業の死を遂げた人の霊を鎮める宗教的な習慣は平安時代に明確なものとして生まれる。
 
靖国神社参拝に関しては「追悼」「平和の祈り」ということが言われるが、非業の死を遂げた人々の霊に対しての畏れは全く語られることがない。
 A級戦犯に関して言えば「祀らないと祟る」「再び悪いことが起こる」という日本の伝統的な宗教習慣をもっと説明するべきであると思うがいかがだろうか。祀らなければ、再度戦争が起こるかもしれない、もっと悲惨なことが起こるかもしれない、というのが日本の伝統的な宗教習慣だ。
 祀ることにより日本が再度戦争への道を進むのではなく、祀らないことにより戦争の道を進む可能性がある、ということになる。「二度と戦争を起こさない」という祈りの意味がここにある。

仏壇店に行ってみよう http://www.butsudan.kogeisha.com/


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

京

靖国神社は怨霊信仰ではないそうです。

https://yasukunishokuin.web.fc2.com/063.htm
https://yasukunishokuin.web.fc2.com/062.htm

当事者たちが言っているから間違いないでしょう。

by 京 (2018-12-14 18:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0