So-net無料ブログ作成

えっ?と思う光景 赣江(かんこう・江西省南昌) [中国]

中国に行くと、たまにえっ?と思う光景に出くわしますが
今回は江西省の省都・南昌市を流れる赣江(かんこう)で
泳ぐおじさんたち。
撮影は先月四月末で、結構寒いです。

170503nanchang01.jpg


大きな運搬船が横を通ったりして、
うーん、危ないという感じですけど。

赣江の赣の発音は普通話でgan(4声)、日本語読みではガンなんですけど
日本語の通称は「カン」のようです。
江西省の車のナンバープレートの頭文字が赣です。

結構な内陸部なのですが
川幅の広さで言うと。それこそ淀川の河口部とか
利根川の河口以上でしょう。
見ているとちょっと怖い感じです。

170507nanchang.jpg

対岸のビル群、
夜のライトアップがとても綺麗です。








服務員さんの訓練 [中国]

161103_1.jpg

先日滞在した中国の地方都市。
こうして見ると結構いいけど、
実は少しドブ臭い。

広場舞、太極拳、ジョギングとそれぞれに愉しむ人達。

161103_2.jpg

服務員(サービス員)さんたちの訓練?
なんだか大変そう。

中国点描 [中国]

xiamengaoqi01.jpg
厦門空港搭乗待合室の看板。
5年間で最高48%の投資リターン。
厦門の比較的近い場所の「リゾート(??)」の広告。

xiamengaoqi02.jpg
この不動産広告の次には
システムキッチンの広告で、
女優の李氷氷さんが登場。

xiamengaoqi03.jpg
中国東方航空国内線の食事(ファーストクラス)。
食事はだいぶ改善されています。

nanchang01.jpg
地方都市での会食。
皆さん、友人の友人。
奥の外国人はヨルダン人。
生まれて初めてヨルダンの人と話しました。
中国で医学を学ぶ留学生で、
前のご婦人二人はさっそく子どもの英語の家庭教師を依頼。
毎週、ヨルダンのハンサムボーイにお茶を出せる、ということで。


厦門駅から鉄道に乗る [中国]

厦門(アモイ)の鉄道駅には
厦門駅と厦門北駅の2つがあります。

厦門北駅は高速鉄道専用駅で
厦門駅は在来鉄道と高速鉄道の両方駅です。
尚、福建省内の高速鉄道は時速200㎞以下で走行する動車(dong che)のみで
300㎞で走行する高鉄(gao tie)はありません。

厦門北駅のことは以前紹介しましたので、参考にして下さい。

厦門駅は数年前に改修され、少し大きな駅に変身しました。
以前の駅のことは旧厦門駅をご覧下さい。

切符は前日にホテルそばの郵便局で購入。
厦門市内(島内)の郵便局では、あちこちで鉄道切符を販売しているようです。

xiamenzhan00.jpg
厦門駅です。


xiamenzhan02.jpg

xiamenzhan01.jpg
駅に到着するとまず検札。
切符とパスポートが必需です。
鉄道の乗る際には必ずパスポートを携帯して下さい。
その後にエックス線による荷物チェックです。


xiamenzhan04.jpg
なんとなく薄暗い駅の待合。


xiamenzhan03.jpg
西域の蘭州への鉄道もここから出発しています。
調べて見ると7時5分に出発して、蘭州の到着は翌日の11時39分です。
高速鉄道ではなく在来鉄道です。

xiamenzhan05.jpg
出発10分ほど前に改札があり、
ホームに降りてゆきます。

xiamenzhan06jpg.jpg
今回乗る列車は福州行きです。

おばちゃんが自分の席に間違って座っていました・・
そのうち気付いてくれましたけど。







杭州東駅から地下鉄に乗る [中国]

一人で中国を回るはめになって不安な方。
今回は杭州東駅での地下鉄乗車情報です。

hangzhoudong00.jpg

今回は上海虹橋駅から高鉄(高速鉄道)で杭州東駅に到着。
人波にそってエスカレーターで駅上に。


hangzhoudong01.jpg

高鉄の改札に向かい外に出ます。


hangzhoudong02.jpg

地鉄(地下鉄)の表示に沿って地下にエスカレーターで移動。


hangzhoudong03.jpg

自動切符売り場。
人の列が長く出来ています。
人口700万人都市の中央駅なのに稼働中の機械は右の2台だけ(正常服務)。
非効率だ・・こんな時に「ああ、中国だ・・・・」と疲れが吹き出ます。
ちょっと辛抱して切符を買います。

どこか近辺で交通カード、
日本のICOCAとかスイカに相当するカードも売っているはず。
一番左の機械は「市民カード」「交通カード」「公交カード」の表示がありますが、
金額を補充するだけの機械のようでした。
その上「PAUSE」つまり「お休み」中・・・・・

切符は路線を選択して、
行き先を選択して、
お金を入れるという手順です。
手順は並んでいる間に確認することができます。


切符を持ってX線の荷物検査を通って地下鉄ホームに。

hangzhoudong04.jpg

ホームはこんな感じです。


hangzhoudong05.jpg

新しい路線なので比較的車内は綺麗です。


hangzhoudong06.jpg

車内には分かりやすい電光掲示もあり、
向かう先は明瞭に理解できます。







厦門仏事用品展示会 [中国]

先日訪れた、厦門仏事用品展示会でのスナップより


1604china08.jpg

紅燈に照らされる少女


1604china06.jpg

ロータスのゆったりした服を纏う。


1604china05.jpg

珠数を編む女性

1604china02.jpg

草月流のブース


1604china01.jpg

合掌する女性


1604china09.jpg

部屋ブースの中で


1604china03.jpg

美術骨董を前に



皆さん、天然素材のゆったりとした服をまとい、
本当に伸び伸びと、ゆったりと。




広場舞 [中国]

160505china.jpg

中国の街中にある広場の名物が「広場舞(グワンチャンウー)」
主におばさん達が、広場で音楽をガンガン鳴らしながら、踊るもの。

この日は雨で、雨宿りしながら円になって踊っていました。

日本なら確実に騒音問題で、
パトカー呼ばれそうです。

でもおばちゃん達、もの凄く楽しそう。

福建省での会食 [中国]

160504china.jpg

福建省中部の町で、地元の人達と会食。
3年ぶりだったので、皆さん大歓待して下さいました。

田舎町ですが、
料理は10年前に比べるとすごく進歩していて、
本当に美味しかったです。

右側の人達が、お酒の入ったグラスを突き出して
お向かいのおじさん(左側)に「乾杯」を促しています。
この左側のおじさん、実は国家認定の工芸大師。
自分は「ダース(大師)」と呼んでいます。
女性陣は大師を含めた社長夫人さんたちで
「老板娘儿(ラオバンニヤー)」と呼んで乾杯します。

夜は所用で、200㎞を車で厦門に戻りました。





上海街角 [中国]

上海、茂名南路に並ぶ、
チャイナドレス店。

160418shanghai01.jpg

160418shanghai02.jpg

160418shanghai04.jpg

デジャブな感じだ。

河北省邯鄲(かんたん)のpm2.5が850 河南省ではpm2.5が970 [中国]

151209beijing.jpg

北京のpm2.5が連日300を越え、
警戒警報が出ていると報道されていますが、
河北省邯鄲のpm2.5が850に.

151209kanntan.jpg

邯鄲と言えば、邯鄲の夢。
夢なら覚めて欲しいような、
酷い大気汚染です。

中国を代表する古都安陽(河南省)に至っては
1000目前の970というpm2.5。
住民はどのような生活なのでしょうか。

151209anyang.jpg